読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣の君は笑顔ですか

ぶいでしっくすなベテランアイドルに溢れんばかりの愛を。

滝沢歌舞伎2017

 

春の踊りは、よーいやさぁー!

 

やっと行ってきました滝沢歌舞伎(;_;)約1年ぶりの自担現場。今回私的初日まで長かったので1週間ネタバレ被弾しないようにミュートとかしまくってて辛かった。全部解除しましたすみませんでした…。

正直去年の時点でもしかしたら来年あるかもな〜なんて願望混じりに思ってたので発表された時は嬉しくて嬉しくて…もう心がパリピ。新橋演舞場はディスコ(??)

以下4/12夜のレポ。ネタバレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • OP 春の踊り〜いにしえ〜

圧倒的滝様。BGMがどんどん大きくなってきて幕が上がってダンサーが踊っててそこから滝様が出てくるあの瞬間がもう私にとっての春なんだよなぁ〜。2年目にして滝沢歌舞伎=春🌸って方程式立てられる私の順応性の高さ。
去年とは違ってOPで健くん以外の出演者横並びにバァーって並んでる光景圧巻でした。

 

 

 

  • Maybe

去年はセリから上がってきたから、今年もそうだと思ってたんだけど後ろから…後ろから健くんが歩いてきて、ただ歩いてきただけで泣きそうになっちゃって、衣装も同じだし、バックも同じだし、映像も同じだし…何より健くんの足の骨折を気にしなくていいMaybeが観れる事実が幸せすぎて、始まって10分も経たないうちに涙腺爆発しそうでした。今回はあんまり入れないから目に焼き付けないといけない!泣いて視界を歪ませてる場合じゃねぇ!!って必死に涙引っ込ませて、目ん玉ひん剥いて観た。リベンジくれた滝様には一生頭上がらないなぁ。

 

 

 

挨拶は少し言いにくそうにしてたけど、それがまたSo cute!!で、基本的に滝沢歌舞伎は一般的なイメージの"若くて可愛い"じゃなくて、殺人レベルの三宅健の”格好良さ”を前面に出してきてるからこういうところで可愛い出されるとしんどくなる。好き。

 

 

  • 蒼き日々

パンフ見てなかったから新曲ここで?!?っつびっくり。後方から歩いてくる滝様と前方にいる健くんが向かい合ってる光景が物理的にも精神的にも眩しすぎた。何あれ胸熱。曲調的には想像してたよりも浮世艶姿桜ぽかったけどサビのフリが好きすぎたーーーーーーーー!!!!(テンション)腕ブンブン振ってる勢いがすごくて、全力で踊ってる健くん観れる嬉しさがここでも込み上げてきた。フリがいちいちツボ🙆2015のBe yourself!の交差点が〜のあの2人で腕絡ませるフリをケンタッキーでぽいのやったのはだいぶ湧いたし、あぁ、これは映像ほしいし、歌詞もほしいし、お願いだからケンタッキーCDデビューしてほしい。まじで金なら出す(V担の口癖)

 

 

 

  • 4剣士

んで4剣士(;_;)いや3人しかいなかったけどね(;_;)もうさ、青衣装(;_;)去年怪我する前には入れなかったから一回も見れなくて…ステフォとか映像でしか見れなかくて悔しくてモヤモヤしてたのが(;_;)やっと成仏できた(;_;)
見たかったんだよ〜〜〜これがほんとに見たかった。殺陣やる健くんかっこよすぎていっそ私のことも一思いに切ってくれ…てなる。なんか衣装に気を取られてて記憶がハッキリないのがすごい悔しいけどそれくらい嬉しかったんだよ…。でも花道ガンダする三宅くんはしかと見届けました。目の前走ってく自担とか9年間陸上部のジャニオタの血が騒ぐ。
個人的に三宅くんに1番似合う色は青だと思ってるので滝沢歌舞伎は全面的に滝様は赤、三宅くんは青って割り振りできてて嬉しい限り。そうなの、三宅くんは青が世界で1番似合うの。だから青衣装もほんとにほんとに見たかったの枕を濡らす日々だったの。めちゃくちゃ似合ってて、顔もずーっとかっこよくて滝沢歌舞伎最高かよ…いや知ってた…去年から知ってた…。

 

 

 

  • こどもつかい

いや、急に現代。急に現実戻されるやつ。滝様の映画に合わせてなんだろうけど、林くんの1人語り毎度毎度ほんとに凄くて、普通に怖くて、これでご飯食べていけると思うんだけど。思わず魅入っちゃって、この後健くんの玉座上がってくるの忘れてて慌てて双眼鏡セットするくらいには浸ってしまった。

 

 

 

 

  • MASK DANCE

なんかもうね、これが完全版MASKなんだなぁ、健くんは去年もこれがやりたかったんだろうなぁ、って思うとこみ上げてくるものがあって。去年のもすごい好きでまだ王座立てない時の演出とかもいちいちツボだし何の文句も切なさもなかったんだけど、三宅節全開のMASKたまらんかった。後ろの映像がちょっと変わったかな?
そしてみんな大好き健くんスイッチな。覚醒する瞬間に揃って双眼鏡セットするV担。最後のニヤッも合わせて好きすぎてほんとに…なんかもう映像持ち運んで色んな人に見せびらかしたい。全世界に自担の格好良さ自慢したい。この人私の世界で1番好きな人なんですよ………。

 

 

 

 

  • 腹筋太鼓

健くんが太鼓の上に乗ってタップしてた。 

健くんが太鼓の上に乗ってタップしてた。

いや二回書いてもよくわからない状況。とにかく太鼓の上に乗ってタップしてた。何だあれ可愛い小人さんか???????小人さんなのか????袴姿でタップ踏みながら太鼓鳴らす自担死ぬほどかっこよかった…主に顔が…。袴の裾を捲し上げてる姿は可愛いしでも顔超絶かっこいいしなんかもう変な気持ち。何これこの気持ちが恋なの…???(違う)健くんて着物とか浴衣姿はちょくちょく見れるけど袴姿は滅多にない(弓道の時以来?)からレアだし似合い過ぎて心臓に悪い。袴の罪重い。

そこから移動して(ハシゴ降りてく姿も可愛い)去年と同様あの回る装置乗って上半身裸の健くんがグルグルと回ってる光景はやっぱりトンチキww でも健くんは相変わらず肌は白いし、胸筋も胸筋も素晴らだし、これの為に少なからず(めっちゃお菓子食べてる発言してたけど)食事制限したりパンプアップの為のトレーニングしてきたんだろうなと思うだけで自分もダイエット頑張れそうな気がする。(便利な思考回路)

 

 

 

  • 浮世艶姿桜

これも 完全版やーーーーーーーーーー(;_;)ってなるやつ。去年これが1番(きっとここにいるんだろうな…)っていなくても立ち位置想像しちゃう演目だったから嬉しかった…キラキラハット被ってセグウェイぶんぶんに乗りこなす三宅パイセン(合掌) あと純粋に浮世艶姿桜の時の顔が好きです!!!!!!!!

 

 

 

  • 化粧

すのの新曲の衣装担当したってゆーからチラッと見たら健くんみ全開でめちゃくちゃツボでした🙆個人的には阿部くん?の白タートルに短めのジャケットの組み合わせが好みだったなぁ!健くんが1番似合いそうな感じだった!(結局そこ)
終始お化粧してる健くん双眼鏡で見つめ続けるオタクの絵面な。こちらとしてはだいぶ幸福度高いわけですが。顔を白塗り→アイメイク→手とか腕→紅の順番にお化粧してくんだけどチラチラ滝様の方見てニヤニヤしながら腕塗ってく健くん可愛いの塊だった…滝沢歌舞伎では笑ってる健くん貴重でこういう少しの笑みがまじで五臓六腑に染み渡るずるい好き。
紅引く自担。双眼鏡で見つめるオタク。

 

 

 

 

  • 歌舞伎

なんかよく変わらないけどすごかった!本当によくわからないけど!とにかくすごかった!
目の前の花道を女形の格好して歩いていく自担観る日が来るとは思わなんだ…健くん思ったより男の人みたいにゴツゴツしてて骨格しっかりしてるからお化粧しても滝様みたいにうわめっちゃ綺麗!!とかではなかったんだけど(笑)それでも所作とか歩き方とか首筋とかは美しかったし目の前花道を摺り足で歩いてく感じがたまらなかった。ゲネプロの時の映像よりもお化粧も綺麗に仕上がってたからこれは入る度にどんどん美しくなっていく健くん観れるやつ☺滝様と並んでタンバリン?ぽいのシャンシャンやってるのが素敵でした。

大蛇のやつはずーっと健くん悪い顔して怖いんだけど、乗ってる鐘?が思ったより激しく動くから勝手にヒヤヒヤしたし、なのにずっと表情変えなくて怖い顔したままだからゾクゾクした。大蛇やべぇ。

 

 

 

 

 

  • 二幕 鼠小僧

また会えたね人形町の千吉親分…会いたかったよ…べらんめ口調の千吉親分大好きだからまた会えて嬉しかった。全体的のストーリーは去年と一緒だったけど鼠とお丸の屋根の上のシーンがだいぶ少なかったり、犬が渡辺くんでめっちゃギャグだったり細かいところは変わってて楽しかったし突然のLOVE革命に大爆笑。

個人的には去年よりも前田航気くんの台詞が増えててニヨニヨしました☺

 

毎公演かわからないんだけど水掛合戦の時に屋根の上から千吉親分とお丸でホースで水かけてる時、下で大縄跳び始まって、その時に健くんとふっかが見合ってクスって笑った瞬間を私は見逃さなかった……見逃さなかったよ………!!!?うえーーーーーーーーーーん縄跳びありがとう!?!!(;_;)

 

 

 

  • with love

今年もいなかったけど、後ろの映像にちょくちょく映るお写真が可愛かったです。いないからって…全然悲しくなんて…ないんだからね…。

 

 

 

  • LOVE

杖もついてない、びっこも引いてない白燕尾服着た健くんが上手から歩いてくるだけで胸が熱くなる低燃費なオタク…。LOVEで手拍子してハート作るのもフライングで飛んでる健くん観るのも楽しくて幸せでもう元気100%…新橋演舞場is パワースポット。もうほんっとに幸せでした…。

 

 


今年は去年に比べて回数入れないからこそ、1公演1公演を大事に、脳裏にも眼球にも五体四肢にも五臓六腑にも刻み込むつもりで観劇したいなぁ。また新橋演舞場に来れる春を素敵な春に🌸🌸🌸カンパニー全体怪我にだけは気をつけて、千穐楽まで1人も欠けることなく無事に終わりますように。

 

 

 

TTT 戸惑いの惑星

観てきました、戸惑いの惑星!!!
チケットFC一般全滅で、当日券も全然繋がらなくてほとんど諦めてたんだけど、前日に体調不良になったフォロワーさんから声をかけていただいて急遽代わりに観劇できることになりました泣
ドリフェスの時といい、本当に人に恵まれてると実感。
雪の中だったけど、グッズも特に並ぶことなく買えました〜イノチャンカップ可愛すぎ。


以下ネタバレ。











セットには無数の色のついたダンボール。静かに3人並んで入ってきて、注意事項の前説を自分たちでしながらお芝居が始まるところがトニセンらしい。フリートーク的なノリで「あなたが戸惑うことは?」をテーマに一人ずつ話していくんだけどまぁさんと博さんがやけに芝居がかってて(芝居なんだから当たり前だけど)なんだかソワソワするというかニヤニヤするというか。笑
博さんは宇宙の話。
宇宙は無限ではなくて、有限なんだけどその広がり続ける宇宙の外側って一体なんなの?!全然イメージつかないんだけど!?的な内容。ビックバンだ、天の川だ、何だか難しい単語と数字たくさんで覚えるのは大変だったろうなぁって思いました(作文)
まぁさんは占いの話。占い好きなまぁさん乙女。パルコ地下の話は本当なのかな?笑
井ノ原くんは、無意識のうちに家に帰ってるってことはない?的な話から気付いたらディズニーにいた!ってなってディズニーランドのクラブ33の話(結局夢だけど)。そこにミッキーがたくさんいるのに対して「ミッキーは世界に一人じゃなくていいんですか」と問いたらミッキーから逆に「じゃああなたは自分が一人しかいないと言い切れるんですか」と言われ、いつもの井ノ原調で「当たり前じゃん!イノッチは俺一人でしょ?!」と主張する井ノ原くんに対して、ミッキーに乗っかってお前だけがイノッチじゃない自分がイノッチだと言い出すまぁさんと博さん。
ここのまあさんがイノッチと呼ばれてる理由がよく「祈ってるから」でイノッチなのと、博さんの「猪突猛進でイノシシみたいだからイノッチ」なの笑った。今思うと猪突猛進なのは由利のことなんだな〜。



話はここからだんだんおかしくなっていって、現実と物語の世界線が曖昧に混じり合っていく。2人にお前はイノッチじゃなくてハセッチだ、と言われ突然倒れる井ノ原くん。長谷川は自分が誰だか分からなくなってしまう病気にかかってるらしい。
私はここの井ノ原くんがいのっちからはせっちになるところがなんだかすごい好きで、物語が始まる音がした気がして胸が熱くなった〜。まぁ坂長が「これはそういう物語」的なこと言ってたんだけど。笑



ストーリー全部はきりないのでやめとこう。笑
後半は前半の伏線を綺麗に拾ってて観てて気持ちいい。博さんの集合的無意識だなんだの台詞とかでややこしくなるけど難しい話のようで、思ったよりストンと入ってくるストーリーだし、SFみも全然受け入れられた。歌に入る時にたまに(ここで!?!)と思うところはあったけど、何だろう…滝沢歌舞伎で鍛えられた『考えるな感じろ』精神フル活用でした。さすがトニセン、ジャニーズエンターテイメントをしっかり引き継いでるってことなんだろうな。



演出ではクラブ33?のトイレの扉開けると光と音がバーーーーーンってくるところ、眩しいし音大きいしで、軽くトラウマになるところだった。次開けるときめっちゃ構えたし正直怖かったんだけど、あぁ、舞台観てるんだなぁ、って気になれて後から考えるといい演出だったなぁ、って思う。突然だったから本当にびっくりしたけど。
3回目?に開けた時にそこから長谷川出てきた時は何だか嬉しくて胸が熱くなったし、そこからの『ちぎれた翼』は完璧コンポだった…

すごいなぁ、と思ったところは終盤で色々真実が解き明かされていったときの三池の涙。あれ、まぁさん全公演ちゃんと泣いてるの…?すごくない…?あとTwitterでパンフはばりくそネタバレだから終演後!って言ってたから開かずにいたのに前に座ってる人のパンフチラッと見てしまった時に見えたまぁさんビジュイケメンすぎて、衝撃でまだパンフ開けてない…。ちょっと勇気いる…。あれまぁ担5億人くらい死んでるきがする。



個人的には井ノ原くんが可愛くて、可愛くて…だって生の井ノ原くんを2時間ずっと観続けられることって滅多にないじゃないですか…!まぁさん博さんはソロ舞台があるけど、井ノ原くんは私がファンになって現場に出るようになってからはスタパとか以外でソロ現場は1度もないし、6人現場だとどうしても私の目は自担くんを追ってしまうから、今まで生で井ノ原くんをじっくり観たことってそんなになかったなぁ、と思って…

はーーーーーーーーー、すき。
あのね、ほんとにね、薄々気付いてたんだけど、いや全然気付いてたけど。井ノ原くんどちゃくそイケメンでさぁ、、、もうほんとにかっこいいし、超絶可愛いし、センスの塊だし、相変わらず後頭部の骨格は最高だし、広背筋のつき方とか、細いくせに広すぎる肩幅とか、だけどやっぱり細い腰とか、ちょっとダボっとしたパンツ履いてるくせに分かる足の長さとか、背骨の曲がり方とか、パンツから見えるくるぶしとか、手の動きとか、踊る時の脚とか腕の使い方とか、リズムの取り方とか。長谷川の時のあの無垢な返事とか、何か心許ないというか、不安そうな一挙一動が胸キュンポイントすぎて…教授の役の時でさえぎゅーってなった。(でも博さんもまぁさんも女装してるなら井ノ原くんの女装も観たかったよ…まぁさんのは女装というか何かあれだけど)

1番最後の台詞で三池が自分の絵を書いて見せてくれた時に、キャンパスに描かれた顔は長谷川だったのかな、井ノ原快彦だったのかな。「あぁ、そうだよ、これが僕だよ」は彼が長谷川を取り戻した瞬間だったんだと思うけど、同時に井ノ原快彦も取り戻してくれたらいいな、とか淡い期待を込めてしまう。まぁ、井ノ原くんなら「俺」を使う気がするから多分ただの願望に過ぎないんだけど。
でもそう思うと、前半からまぁさんと博さんがやけにミュージカル、ミュージカルしてたのは井ノ原くんの長谷川の謙虚さ、無垢さとの差を出して引き立てる為だったのかなとか本当に色々深入りしていってしまうよね。考えすぎだな〜笑


セトリ
  • change your distiny→新曲。是非とも円盤化を希望。アルバムに入れてください(土下座)
  • 不惑→The Coversの不惑狂ったように聴いてたので、正直来ると分かってても初生不惑高ぶった…
  • オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ→長谷川手紙代筆業の話からのオレキミにぐっときたんだけど、そこからまた不惑に戻る流れがスムーズ!
  • Sing→あなたの瞳の美しさ、世界中にみせてあげたい!!(大声)
  • ちぎれた翼→どの曲もそうだけど、特にちぎ翼の歌詞とストーリーのテーマ性のマッチ感が至高すぎて…完全なるMVP。『名もなき星達の伝説』『揺れる水面沈んでく銀の月』曲全体が噛み合ってるから挙げればキリがない。これから先ちぎ翼を聴く度にTTTを思い出すんだろうな…。
  • days-tears of the world-→健ラヂでまさかのネタバレぶっこまれた曲。歌い出しの井ノ原くんパート大好きI love you…
  • Dahlia→私は全然気付かなかったんだけどまぁさんが『愛してるよthank you my girl』『愛してるよthank you my friend』に歌詞変えしてたって聞いて軽率にSUKI。



井ノ原くんの歌い方とか声が大好きなんだけど、グローブ座が狭いから歌声がすごい会場内に満ち溢れて響き渡って、多彩感が凄かった。コロコロ変わっていくキャラクターとか(一瞬だったけど博さんの教師とか、セカンドバックマサ、井ノ原くんのバーテンダー?マスター?とか)、完全なる坂長のターン!とか、他にも所々に笑えるポイントがあって、100点満点中5億万点の舞台でした…。とりあえずアンケートだけ貰ってきたので映像化希望出しとこう…井ノ原くんの撮っておいたG2さんとの打ち合わせとか裏側のドキュメンタリー観たい。


兎にも角にも、最ッッッ高の現場始めでした。受験生だったからってOTT行けなかった後悔が少しは晴れた気がする。
さぁ!次は滝沢歌舞伎!まずは当落だ〜〜〜最近仕事してない私の名義頑張れ負けるな取ってこ〜〜〜い!!!
頼むよ健くん素敵な春を私に訪れさせてくれ〜〜〜

V6三宅担が関ジャニエイターテイメントに行ったよ



浮気してきたよーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!(大声)





行って参りました…関ジャニエイターテイメント、東京初日。何気に初東京ドーム。ドームクラス行ったことがあるのが京セラと日産だったからそれに比べると比較的狭く感じて(センターステージっていうのもあると思うけど)、思いの外近い位置でテンション上がった…。
4ヶ月前はまさか自分が真っ赤になって関ジャニ∞のコンサートに足を運ぶとは思いもしなかったけど……スピード沼。全部、すばるくんのせいだ。


ってことで自分の備忘録用のコンレポとさえ言えないんですけど、記憶のハケ口として、現場レポ用に開設したとはいえ全く更新していないぶい用のブログを久々に動かした所存。
4つ目の記事で既に他Gなの自分でもやばいとは思ってる。
ちなみにエイトないしすばるくんに興味を持ったのが今年の9月なのでほとんどエイトの知識のない人間の感想です。的外れでも怒らないで。


以下、セトリネタバレです。




















  • OP映像
893の組合員の設定なのか組長目線?で一人一人シーンがあって、個々に抜かれてって最終的にヤスくんが撃たれて出血する(雑)
某CMの設定そのままって感じなのかな?
各メンバーアップになるといちいち黄色い声が上がるけど、錦戸くんが煙草吸うシーンのオタクの悲鳴がすごかった。すばるくんがキャバクラ?みたいなところに連れてかれてて、そこのママがモモコ姉さんなの笑ったw

  • NOROSHI
  • ブリュレ
  • RAGE
  • 浮世リビト

NOROSHIでOP映像の893衣装で登場してそのまま歌いながらセンステに歩いて行くんだけど、とりあえずメンバー出てきた時に1番に確認したのすばるくんの前髪の安否な……。隣の安田担と出てきた瞬間に「前髪!!!!!すばるくんの前髪無事!!!!!!!」って思わず抱き合ってた。無事でよかった。どうしてこうも私の好きなアイドルは私達を手のひらで転がすようなことをするのか(笑顔)
正直黒髪短髪前髪重めの最近のすばるくんはどストレートにタイプで私の心臓ズドン過ぎてしんどい。身体によくないもっとくれ…。

あと大倉くんが抜かれる度にオタクの悲鳴が凄くて、さすがだなぁ〜とかヘラヘラ思ってたらピアスが原因だったんですね…その日入ってた私の友達の大倉担もその日から狂ったようにピアスピアス言ってるからピアスの威力ってすごい(小並感)



RAGEはセンステの淵が動く装置のセットで周り出した!と思ったらどんどんスピード上がってって、最終的に高速回転過ぎてやべーさすがドームだとこういうのもスピードからレベル高いんだなぁ。すごいなエイト〜とかよく分からないこと考えてたら、私の周りもえ、速くない?てざわざわしてたから全然普段からとかじゃなかった。

浮世リビトはすごい好きな曲だったから初っ端から聴けちゃってテンションぶち上げ!!個人的に掴みは100億点満点でまだ4曲しかやってないのにエイトコンめちゃくちゃ楽しい〜〜〜ってなった

  • あいさつ
  • パノラマ
  • TWL

キッズダンサー登場の時「こーども!キングオブこども!」ってふざけながら、どっちが子供だか分からないはしゃぎ方が年少さんみ凄過ぎて私の中の母性がはち切れそうだった。過剰摂取すると死ぬタイプのやつ。小さい子といちゃいちゃする小さいおじさん(ひどい)って何であんなに素敵なんだろう……キッズダンサーもめちゃくちゃ可愛くて、サザエさん方式でキッズダンサー引き連れて歩いていくすばるくんに着いて行きたい幼少期だった…少し大きめの女の子が後ろからホラホラっ!みたいな感じでみんなの背中押してて、それぞれメンバーがその女の子と顔見て微笑みあってるあの空間がきっと天国と呼ばれる場所。



  • VTR
  • ∞レンジャー
  • エイトレンジャーコント

VTRはさっきの893のレンジャー版。周りにいた舎弟が動物の着ぐるみになり一気にファンシーに。

そこから∞レンジャー歌いながらセリから上がってくる。回転するセンステの外側でそれぞれポーズ取るんだけど、逆回転に走り出す村上くんと、回転方向に走ってって「めっちゃ速い〜〜〜」ってはしゃいでる錦戸くんW優勝過ぎた。ちょこちょこ隣のメンバーにちょっかい出しにいくすばるくん可愛い。可愛い。


エイトレンジャーコントスタート。
各々色んなマジックを披露していくレンジャー達。すばるくんのマジックで度々死ぬナス。ターゲットが横山くんに切り替わった時の
す「1度でも嘘ついた事あるか〜?」
他「いや、さっき!」のくだり可愛すぎて輪廻転生しそう(?)
まるちゃんの変面普通にすごいんだけど、それ滝沢歌舞伎で見たやつや…って思ってたら隣の安田担も嵐で見た。って言ってたからジャニーズエンターテイメントなのかな?あんま詳しくないからそこのところ誰か教えてほしい…。ついでにあの変面のトリックも教えてほしい…。

錦戸くんの扉マジックは、トイレとかシャワールームとか扉にはる札が変わる度に中にいる大倉くんがそれによってシーンを変えってって、セクシーショット連発でトイプードルだったんだけど、寝室の札の時に大倉くんとすばるくんがベッドインしてて、「早く閉めて〜〜」って言う大倉くんに「もうちょい見てもらおうや〜」って言いながらニコニコ笑う顔が胸にズキュンすぎた。あ、私この人のこの顔見るために今日来たんだって思った。ついでに「もうちょい見てもらおうやってなんやねん〜」ってニコニコしてる大倉くんめっちゃトイプードルで、大倉くんってトイプードルなんだな、って思いました。(作文)

  • 王様クリニック
  • The Light

あの、くそにわかなので未だにKINGに対してどういう感情を抱けばいいのかわからないですごめんなさい。あの、笑っていいの……???今回の曲久保田利伸さんプロデュースなの…???なんかもうどういう顔で見てたらいいのか本当に分からなくて戸惑いながら横の友達見たらウットリした顔で信五……ってつぶやいてたから余計に分からなくなった。

  • 罪と夏
  • がむしゃら行進曲
  • イッツマイソウル

スタトロに3.4で分かれて一周。
この3曲もともと大好きで、でも罪と夏は夏曲だからってやってくれないだろーなぁと思ってたから聴けて嬉しかった〜!この曲聴く度にサビの「今君の〜8月をすべてくれないか〜」で軽率に私の8月のすべてを差し出したくなる。今12月だけど。

ちなみにこの時のすばるくんの衣装がファーのついてる青みのアウター(フォエバコンの宇宙柄ブルゾンに少し似てた)で、渋谷すばる×ファー=最強っていう方程式が私の中で確立されました。あれ、ファーって兵器だったっけ??

このスタトロで回ってきた時に噂に聞いていた丸ちゃんのファンサ目撃した…。もともと私はファンサされたオタクがメンバー去った後に膝から崩れ落ちてるのを見るのが好きで、よく双眼鏡使って目撃してはニヤニヤしてるんですけど(悪趣味)、今までみた中で丸ちゃんのファンサが1番ズキュンときた…。ピースしてとかバーンってやってのファンサうちわに対して、見える範囲全てに応えていく丸ちゃん。言い方悪いかもしれないけど、めっちゃ作業的に全部こなしていくもんだからなんか逆に冷たく感じてもよさそうなのに全然そんなことなくて、むしろ雄みがあって色気溢れてて。なんか、すごく丸山隆平でした。人がされてるファンサ見てこんなに自分が胸を打たれるの初めてで、あんなん自分がされたら好きになるしかない。エイトのリア恋枠すぎる…恐ろしい男……。


イッツマイソウルの途中でスタトロからバクステ?に降りるんだけど、すばるくんの落ちサビのところ、斜め上の角度からカメラ目線で、すごい満面の笑みを浮かべながら歌い上げてて、「なんだかんだでやっぱすき〜終日君で!」を少し照れくさそうに言われた時には思わず変な声出たし、周りの悲鳴も凄かったし、心が軽率に転がり落ちるのを必死に食い止めたんだけどやっぱ好き(結論)




アコースティックコーナーは毎公演別曲みたいで私が入った日はツブサニコイだったんですけど、すばるくん歌い出し曲大好き芸人(多い)なので嬉しかったし、最後の「分かってるけど気付かないフリして言うよ、好きだよって」でふぇ〜〜〜私も好き〜〜〜(;;)ってなったからもう無理。エイト怖い。好き。

  • MC
  • ハダカ
  • steal your love


MC始まって、村上くんの「皆さん楽しんでますでしょうか〜」に「はいはーい!はーい!はいはぁーい」って1番楽しそうに返事するすばるくんの小3が過ぎる。

メンバーがそれぞれ映画とか舞台の告知
横山くん→破門
村上くん→if or
錦戸くん→2018年映画
ヤスくん→舞台
大倉くん→疾風ロンド
と続いててこんなにもたくさん映画やら舞台やらあって2017年のeitgherさん達のお財布が心配(余計なお世話)これプラスでグループのレギュラー番組3本あるんでしょ…?たくさんお仕事あって大変そうだし、枠一つくらいぶいにくれ。(土下座) ハダカはとりあえず死ぬしかなかった。なんかもう言葉にできない。新聞紙。


Black of night
キングオブ男
前向きスクリーム


black of nightはまずMVがやばい。とにかくやばい。語彙力なさ過ぎてやばいしか言えないのが悔しいくらいYABAI。V担が絶対好きなやつや〜〜〜〜〜〜!!!!って思わず叫ぶやつ。エイトがガシガシ踊るのって比較的珍しいイメージがあるから、いまのエイトに足りないものを補う為に。ってダンスチューン持ってくるやすくん天才か………。
何よりも感動したのはすばるくんが……すばるくんがちゃんと踊ってる……。
めちゃくちゃ偏見なんですけどすばるくんって基本的にダンスに少し手ぇ抜いてる気がしてて、なんかあんまり得意じゃないんだろうなぁとは思ってたんだけど、いや、全然知らないんですけど、サボりがち?なところあるじゃないですか。
まぁそれはそれで、彼には歌っていう最強過ぎる武器があるからそこはなんとも思ってなかったんですけど、black of nightめちゃくちゃキレッキレに踊ってて全私が「お、踊れるんか〜〜〜〜〜〜〜いッ!!!!」ってなった。やられた。また1段すばるくんを好きになる階段登った。あとMV衣装のスケスケ感が控えめに言ってクソエロ。

キングオブ男の時は一番近いサブステにすばるくん錦戸くんが来てくれて、双眼鏡使わなくてもすばるくんの美しく整ったお顔が観れたんだけど、大サビのすばりょのところで手繋いだ後にぐっと勢いつけて近づいて距離感迷子すぎた。きまずいってなんだ。きまずいってなんだ。


  • セッション

  • NOROSHI


象のやすくんかっこよすぎか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!(大声)
もともとこの曲はすごい高橋優みが最高に出てても大好きな曲なんですけど、やすくんってこの高橋優くんの世界感に入るのが一番上手い気がする。いや知らんけど。歌い出しでいっきに高橋優ワールド引き連れてくるからこっちまでウワ〜〜〜鳥肌!ってなる。やすくん天才か。(2回目)
なんていうか全体を通してヤスくんってカメラワーク分かりすぎてて上のモニターに一人抜かれた時に毎回一番オタクの悲鳴がすごい気がしたんですよね〜自己プロデュース力が高いんだろうけど、いちいちめちゃくちゃかっこいいやつ放り込んでくるからもう感情が忙しくて参るしじゃんじゃんくださいコノヤロー。

NOROSHIはオープニングでもやったのにまたやるんか〜いって思ったけどバンドver.の泣く子も黙る文句無しのかっこよさに全面降伏。イントロの丸ちゃんのベースが好きなんだなぁ……あとすばるくんの「あら、控えめなのねガールズ」のところのすばるくんの顔が私の受託できるかっこよさのキャパを超えてて、思わずハァーーーーー!って声出た。全く控えられなくて申し訳ない。


初気球。ドームってすごい。
半周しかしなくてすばるくんこっちサイド全くこなかった(笑顔)

気球乗る前か乗った後か忘れたんですけど、横山くんが1番近いサブステにいたからふと観てたら、自分の目の前にいる子に向かって見つめながらずっと踊って歌ってて(多分横山担)(ファンも一緒に踊る曲だった)ピンポイントファンやるタイプだと思ってなかったから心臓に悪かったし、顔がめちゃくちゃ綺麗だった。べっぴんさん……。


オモイダマはメンステでそれぞれ客席に向かって手ぇ振ってたんだけど錦戸くん(前髪が似てるからすばるくんと紛らわしい)が一回パーカーのフードかぶったんだけど、イマイチだったみたいですぐにまた脱いでたのキュンときた

自分の色の銀テ見つけてきて首に巻きながら帰ってくすばるくんなんかもうほんと無理なんかもうアレなんかほんとそうKAWAII


今回入った席はまぁまぁ見やすくてよかったし全然文句なかったんですけど、正直2列くらい後ろにいたすばる担のJKがめちゃくちゃうるさくて周りも苦笑いだったんですよ。すばるくんが動く度に悲鳴上げてて、MCの時もすばるくーーーーん!!すばるくーーーーん!!!ってずっと叫んでて、まぁ別にそれはいいんですけおど、あーこの人世界で一番すばるくんが好きなんだなぁって。すばる担なんだなぁ、と思ったんですよね。
いま、目の前にいる私の心をどうしようもなく揺さぶるこの人のことが一番好きだって言える世界がすぐそばにあって、この人の可愛いところもかっこいいも所もファンとしてなら全部知れる世界がこんなにすぐ近くにあって、純粋に、純粋にね。
いいなぁ、と思ったんですよ。いいなぁ、この人が宇宙で一番好きだって言える人生いいなぁって、この人が唯一無二の特別な人のオタク生活いいなぁって単純に思って。

すばるくんってMCとかの時にめちゃくちゃ甘い声出すじゃないですか。何歳児だよ?!みたいな声出すじゃないですか。あれキッズダンサーに接する声と同じ顔してません?何あれ何あの顔ファンのこと何だと思ってんの…?小さい子達と同じ目で見てくれるんですよ…?何それ好きでしかない………。


一場面、一場面、一曲一曲で顔が変わるし、別人みたいに変化していく姿に、この人の全てが知りたいって思わざる得ないじゃないですか。ずるい。あんなコロコロ変わる表情見せられたら、興味出るに決まってる。他にはどんな表情するんだろう、どんな顔で笑うんだろうって気になるに決まってる。ずるい。ほんとずるい。

なんなんだって思うんですよ。
あんなアーティスト気質で、孤高の歌声で、あんなにアイドルっぽくない歌い方するのに。
めちゃくちゃアイドルじゃないか。めちゃくちゃ可愛いじゃないか。
ふとした仕草とか行動が、もうアイドルのそれじゃないか。あざとい、あざといにもほどがある。

正直すばるくんをアイドルのジャンルに分類すると健くんとは真逆にいくと思ってたんですよ。何ていうか、自分のやりたいようにやってるというと語弊があるかもしれないけど、(だからといって健くんがやりたくないことをやってるってわけじゃなく、彼はファンが何が観たいかという点にめちゃくちゃ重きを置くタイプのアイドルという意味で。)
いい意味でアイドルがやりたくてアイドルでいるわけじゃなくて、たまたま自分がアイドルだったからその立場使って自分のやりたいことやってて、表現方法の一つとしてアイドルという肩書きを使ってるタイプの人だと思ってたんですよね。まぁ、あれだけバラエティで体張れるし芸人並に面白いっていう点ではめちゃくちゃアイドルなんだけど。

私のイメージの中のすばるくんは眉間に皺寄せてとにかく自分の魂を音楽にしてぶつける!みたいな、ものすごい熱い思いのある歌い方をする人で、私が思うアイドルとは少しズレていると思ってて、私が好きな自分の事を"アイドルだ!"と言ってくれるアイドルではないと思ってたんですよね。
だけど、何か大きな誤解をしていたのかもしれないなぁ。
私があの日東京ドームで見たすばるくんは紛れもなくジャニーズのアイドルだったし、自分はアイドルだということを全身で体現しているように見えた。
花道を歩くとき、メンステから客席を見るとき、気球に乗って客席を見下ろすとき、ずーーーっとファンに向かってお手振りしてて、それが私にとってはすごい意外な光景だったから、なんだか無性に込み上げてくるものがあったんですよね。それは私がそもそもイメージしてたすばるくんが違かったのか、すばるくん自身が変わったのか、新規でにわかな私には分からないんですけど、きっと関ジャニ∞とeighterとそれに関わる人に対しての愛がめちゃくちゃ深い人なんだなぁ、とは思いました。考えれば考えるほどに好きだなこれ。


まぁ、ここまですばるくんべた褒めして、すばる担羨ましい!とか言っといて何なんですけど、何をどうしたって私は宇宙で一番健くんが好きだし、自担を2人制にするような器用さも持ち合わせていないし、担降りするつもりも予定も一切ないことだけは一応記しておこうと思います。今日も世界は三宅健を中心にまわってる。


いやでも冗談抜きで、関ジャニ∞のコンサートめちゃくちゃ楽しかったし、めちゃくちゃエンターテイメントだったし、これは今後も機会と運に恵まれさえすれば観にきたいぞ…とは思ったけど、公演終わった後に思ったのは「V6のコンサートに行きたい………」だったから早く2017年ツアーのお知らせください。
すばるくんやエイトを好きになればなるほど相乗効果でみやけくんやV6への愛も高まる謎のシステム。eighterのエイトへの熱に充てられるんだろうなぁ…好きって感情って凄い。


10月23日以降、結局自担Gには会えなかったけどよい現場納めでした。2016年最後がエイターテイメントでよかったなぁ〜〜〜

テレビ朝日ドリームフェスティバル2016





行けることが決まったのは丁度本番一週間前の10月16日。その頃にはもう譲渡ツイートも数少なくなってて、残すチャンスは制作解放席っていう絶望的な状況だったからほとんど諦めてて、だから何十件ものRTがきてたその方から連絡がきた時は本当に吃驚して飛び上がった(物理)


本当に良い方で、無事にチケットお譲りいただいて、ドリフェスに行って参りました!!!泣
多分今年最初で最後の6人現場!!!
去年の11月1日の代々木以来、357日ぶりの6人。
もう………最高だった!!!ごめん語彙力なくてそれしか言えないけど!!!とにかく最高だった!!!




行けないと思ってたから全然予習とかしてなくて、とりあえず三宅プレゼンツってことだけ把握したような状態で会場入って、どうせオオトリだろうしのんびり待つか〜とか呑気な事言ってたらまさかのトップバッターで心臓ぶっ飛んで、キャーキャー言いながら必死にペンラ出して新調した双眼鏡落としたりしながらモニターで始まったのは今までのMステの映像。あ、そうかテレ朝だもんね、資料なんてたくさんあるよね〜〜〜〜って思ってたけど、他のアーティストさんの時になかったからきっとあれも三宅プレゼンツ(SUKI)




そんなこんなでMFTPから始まったステージはテイクミー、ビリスマ、ハニビとCD世代なら聴き覚えのある有名曲を立て続けてにやって、フェスならではの初めましての層を序盤でガッチリバッチリ掴む入り。ビリスマはトニカミで上手下手に分かれた時の剛健ヒソヒソ事件やハニビの准健にとにかく悲鳴がすごかった。今回のハニビの准健の絡みは髭ハットの准ピーが最高に不審者(褒めてる)で、おっさんが可愛いおっさんの身体触りながら2人してヘラヘラしてる絵面、初めましての方的に大丈夫だったんだろうか………………。




小MCではいつものC&Rやったり、井ノ原くんがMCで各メンバーに話振ったりまぁさん弄ったりであれ???何これワンマンかな???って具合にV6ワールド全開だったんだけど、お隣のレキシファンの方々が「いやぁ〜V6いいね!!魅せ方を知ってる!イノッチも流石だね!!!」ってずっと褒めててくれて終始ニヨニヨ(笑顔)


衣装は黒のインナーにオーバーサイズの白シャツって組み合わせがどちゃくそカッコよくて、ボールドとか柔軟剤のCMが来るレベルだった(言霊)下はダメージ加工の黒スキニーにいつもの白ソックスにトーシューズ。
他のメンバーは記憶曖昧なんだけど
まぁさん→いやらしい医者(語弊)
博さん→白ジャケ
井ノ原くん→白ジャケ
剛くん→白のMA-1
オカダ→白ブルゾン(身体付きが良すぎる為に作業着に見える)でした〜一応参考まで。



そしてMC後に始まったのはfAKE。
正直今回三宅プレゼンツと聴いた時にfAKEかFLASH BACKはやるんだろうなぁ〜って思ってたから(※FLASH BACKは後日11.1の健ラヂでもやりたかったって言ってた)イントロ聴いた時に思わずキタ!!!!!!!って叫んだんだけど私の予想なんて1億倍超えるような演出だった……いつだって健くんは私達の想像を越えてくるほんとずるい超好き。
LED液晶パネル使って、映像から出たり入ったり、イメージ的にはレディコンのX.T.C.beatみたいな演出でかっこいいの何の…特にまぁさんと剛くんの掛け合いの時にモニターに交互に映る感じがすごいよかった…(;_;)暗転の中から出たり入ったりするから基本的には自担追いかけてる私は(次はそこかァ……!!)って双眼鏡との謎の闘いが始まったけど超楽しかったし、何より暗転の中から1人白い衣装着た健くんがバッと出てきて溜めに溜めた後にウィスパーボイスで「………fAKE」って言い放った瞬間の会場の沸き具合がハンパなかった。世界征服ワンチャン(?)って感じで何なら新世界の始まりを見たって気がして私は声にならない悲鳴で喉が潰れるかと思いました。生きててよかった。


willに関しては記憶なさ過ぎるから多分死んでた。


BTWは個人的に健くんがメンバーの後ろから飛び出してきて言い放つbreak it!!の起爆剤みたいな役割がめちゃくちゃ大好きで、去年のアニバコンでセンステ近くのアリーナに入れた時にそれが間近で観れることを本当に楽しみにしてたんだけど、まさかのカメラマンのおじさんがドン被りするっていう悲劇が起きて代々木で呪縛霊と化してたから無事に成仏できてよかったです🙏だが、あの時のカメラマンお前は許さない🔪


そういえばイントロ流れた瞬間に隣のレキシファンの男性が「SPってちゃんと曲があるんだ!!」って興奮していて、やっぱり俳優岡田准一ってすごいな…流石V6の入り口。5.6年前のドラマなのにファンでも何でもない方がイントロで分かるってすごいことだと思うから、タイアップって大事だな〜とつくづく思わされたよね。よし、健くんもV6が主題歌のドラマの主役やろう(私欲)




そして本?MC〜!フェスだからきっとチャチャっと話して次行くんだろうな〜と思ってたから意外とちゃんと話しててしかも衣装替えもするし、いつもの点呼もやるしで、盛りだくさんだった。
あれ?私ワンマン来たんだっけ??(2回目)

MC内容も調子いい井ノ原くんとか喋らない2TOPとか、短い時間にもギュッとV6の魅力が詰まっててあれだけで十分初めましての人にもV6がどんなグループなのか伝わったと思う。個人的には点呼の時にイノ健が「いや〜やっぱり男の声がするっていいよね!」って煽ってたのがすごいイノ健だった(SUKI)うーんでも思いの外健くんが喋らなかったってのもあるけど、今回の構成は全部三宅くんがやったんですよ〜的な事を言ってくれてもよかったんじゃないかな。そう思うくらいにはめちゃくちゃ素晴らしいお仕事したと思うよ。はぁ……私の好きな人、凄い。




衣装替えの後のbeautiful worldは唯一みんながザワザワしてたように、何故その衣装で…感が凄かったのは確かだけど、イノ健のワチャワチャ肩組(いつもの最後のサビの所のやつ)が生で観られたので何も言うことないっす。イノ健は世界を救う。



overは正直すごい意外な選曲だったんだけど、サビでトニカミのフリが分かれてトニカミ担それぞれが好きな方のフリやるあの空間がめちゃくちゃ好きだし、ペンラ持って手ェ動かしてるとすごい"コン来てる感"あってすごい嬉しかった〜〜〜愛メロとかグッディとかSPOT LIGHTとかやりなくなったからVコンやろ!!!!(発作)


wait for youはbeautiful worldもだけど、初めまして組の「何か最近TVで聴いた気がするぞ」と、ファンにとっては最新曲を、ここに持ってくるの、本当にうまいな〜と思った。間にover入れてくる辺り、健くんだなぁ〜って思うけど。笑


そして!!!!こっから!!!!まさかのスタトロ!!!


スタトロ見えた瞬間思わず悲鳴出たんだけど、すぐに隣のレキシファンも「すげぇ!!動くんだ!!めっちゃジャニーズ!!!」って興奮していて、フェスっていう限られた時間でパフォーマンスする時にTHE☆ジャニーズアイドルとしての看板をキッチリ背負ってくるのが流石20年選手のベテランアイドルだなぁ〜って。


曲はDarling、愛なんだ、WA。私は今回スタンドだったんでひたすら双眼鏡で自担追いかけてたんですけど、たまにやるあの花道ゴロンをスタトロでやってて死ぬかと思った(私が)。あの時近くにいた三宅担大丈夫??生きてる??
後、横目で井ノ原くんがコマネチしてるのだけは把握したけど、何故コマネチだったんだろうか…。

後どの場所かは忘れてしまったんだけど、センステとメンステで3.3で分かれる時に間違えてセンステ向かってた健くんが、途中で気付いてメンステ戻っていくのとか、その後センステにいる井ノ原くんに向かってテテテーって走ってったのめちゃくちゃ萌えたんだけど、本当にどの曲だったか覚えてない……あれ?私の夢かな??




総括すると、映像で魅せて、ダンスで魅せて、演出で魅せて、ファンサでも魅せて…ファンは勿論、初めましての人の事もめちゃくちゃ考えられてるステージで、もう120点満点の完成されたエンターテイメントだった。これ考えたのが自担とかそんな幸せなことある?いや、ない。(反語)



10月31日付けの健ラヂがまるっとドリフェスの件だったので引用。
まず色々考えたわけ、PUFFYの世代の人も来るとか、エレカシのファンの人、レキシさん、星野源君、いきものがかりという並びだと、当然学校へ行こうを見ていてくれた世代の人達も多いんじゃないかなって、思ったので、当時その学校へ行こうのテーマソングになっていたような楽曲も入れたいなとか、考えたり、なんかそういう人達の青春をかんきさせるような、懐かしい!って言う楽曲のラインナップが置いなと思ってたんですけど、でもやっぱり今のV6っていうのも、知ってもらいたいし、見せたいよねっていうのもあって、どういうセットリストにするかって本当に悩んだんですけど、このラヂオでも王道で行くって言ってましたけども、その時点でそういうのはそんなね、わたくしが何もかもをね、手の内をね見せるわけがないっていう事をね、もうそろそろ皆さんには気づいて頂きたいですね。
これだけ永く付き合ってるんですから、わざわざ公共の電波を使って、ネタバラシをするバカが何処に居ますか?っていうね。
だってもう僕から言わせれば、このラヂオで喋ったことが、僕の演出の始まりですからね、もうそこから皆罠にかかってるわけですからね。
もっとマイナー曲もアルバム曲もやってほしいみたいな、何を言っちゃってるんだと、そうやってなんだやらないのかって思ってる状況で、見に来て、fAKE、will、SPがあったら、喜びは倍増じゃないですか、此処からスタートしてるわけですから、僕は色んな所に伏線まいてるんですから、だから小説家だとしたら最終的に回収して終わってるじゃないですか。
そりゃそうですよやっぱり、そこから始まってますから、そんなのねわかってるんですよ。
だから、本来自分たちのコンサートだったらパターンとしては、fAKE、will、SPのブロックがド頭に来る、やりたい事としてはね、ドカンとやりたい事を見せて、でもソレをもしやったとしたら、ファンの人達は喜んでくれると思うけど、全く知らない人達からすると、この3曲が結構しんどいよね、見るのはね、知らない曲だし、っていうのが僕の中で凄くあったので、まずはV6の中でのメジャーで王道曲っていうのを並べて、一発ちょっとお客さんを掴んで、興味を持ってもらって、V6面白そうじゃんって思ってもらって、ある程度知ってる曲も、曲の名前は分からないけど、聞いたこと有るだって言うものが続いて、それが並んで、そして井ノ原くんの軽快なMCが挟まれて、面白もちょっとあったりして、ちょっと一笑いが起きてからの、fAKEのギャップみたいな、それが良いわけですよ、さんざんくだらない事を言ってた人達が突然かっこいい感じになっちゃったみたいな。そのこのギャップ、あと女子がギャップ萌えするやつね、これね。
っていうのが私の狙いですよ。
実を言うとこのラインナップの中にfAKE、FLASH BACK、will、SPっていう順番で、FLASH BACKを僕もやりたかったんですよ、どうしようかなってなってて、ギリギリまで入れるかってなってたんだけど、結局この40分に収めるために一曲一曲ごとの分数が短くなっちゃうから、間奏が無いものとかもできちゃうわけ、で、かと言って、全部を均等な分数にしていくと結局全部メドレーみたいな、尺になってきちゃうので、それをどうバランスとるかってなって、最後の最後までフラッシュバックを入れてたんだけど、やっぱりちょっと他のところをちゃんと永く取れるようにという。
で、本当は映像が使える使えないっていうのもぎりぎりにならないとわからなくて、使っても良いかどうかって許可をとらないと出来ないって話だったの、で、まぁ使えるって話になったらfAKEをやろうと、使えなかったらfAKEをやめて、フラッシュバックを入れようとかって考えていて、映像を使えるって事になって、fAKEをやるってことにして、そこからどうしよかって事で、あの映像の演出を考えたんだよね、結構ね大変だったよね。



うん。好き。(n回目)




今回1週間前に譲ってもらえる事になって入れたドリフェスだったんだけど、正直1週間めちゃくちゃハードなスケジュールをこなさないといけなくなってしまって、それが結構しんどくて周りにもライブ行くとか馬鹿だろとか散々言われながら、事前情報を入れる暇もなく慌ただしく当日っていう目まぐるしい日々で。でも大好きな人に会う為にする努力って微塵もも苦しくないんだなぁ、ってつくづく思った。アイドルって凄い。好きって感情は本当に無敵だ。



急遽行けることになって嬉し泣きして、開演前のメールで泣いて、ステージ観て感情全部持ってかれて、その感想書いたメールが直接届いたことに泣いて、その夜のにこ健°で泣いて。ドリフェスから今日まで涙腺スイッチ奪われたんじゃないかってくらい泣いたし、それと同じだけの溢れんばかりの幸せを貰って、何かもうつらい。V6が、健くんが、好きで好きで仕方なくて、つらい。



ツアーのお知らせ、まだですか。
次はいつ、会えますか。



あーあ、今日はどのコンDVDを観ようかな。

7月2日。


36年分の三宅健にただただ、お礼を言いたい。


強くて真っ直ぐで真面目で不器用で優しいアイドルが20年間変わらずステージにいてキラキラ輝きを放ちながら立ってる。
何よりも幸せなことで、そして誰よりも幸せでいてもらいたいと心から願える。



この世に健くんが生まれ落ちてくれたこと、毎年毎年健くんが歳を重ねてくれること、それを毎年お祝いできること。同じ時代に同じ国に生を受け、それぞれの人生を送るうちにこうしてステージと客席で向かい合っている。その全てのことがとっても嬉しい。


20周年の時はV6のデビューの時に生まれてもいなかったことが悔しくて仕方なかったけど、ここ最近はまわりまわって、

私は健くんがいない世界も、V6が存在しない世界も生きたことがないんだな……めちゃくちゃ幸せだな……

というウルトラハッピー野郎思想(重い)に辿り着いたのでもう怖いものはないです。君となら世界はこんなに美しい。







私はV6にも三宅健にも出会わなくても全然生きていけたと思うんですよ。それはそれで別の楽しみを見つけてそれなりに楽しく生きると思うけど、私はV6にも三宅健にも出会いたかったし、出会えてよかったと心から思えるし、好きになって過ごしてきた今の自分も、好きなまま過ごしていくであろうこれからの自分もとっても好きです。



「君がいなきゃ生きられない」もとても素敵なことだけど、でも本当にそういうわけではなくて、誤解される言い方だけど良くも悪くも娯楽であることに変わりはない。私はきっと健くんがいなくても生きていける。

だけど、「でも誰かと一緒にいるなら君しか思いつかない」んですよね。だから一緒にいたいし、いつもそばにいてほしいし、応援したい。これからの未来もついていきたい。背中を追って生きていきたい。


勿論6人が大好きでV6が大好きです。
だからよく私は「あと目が5セットあれば6人全員のこと観れるのに〜」って言うけど、もし本当にそうなったとしたら、結局私は6セットの目で健くんを見るんだろうな、と思っていて。
それくらい私にとって健くんはやっぱり特別で、それを他の誰かに置き換えるってことが今のところは考えられない。人生何があるかは分からないから言い切れないけど、とりあえず今はそう思っています。



人生は面白いもので、健くんを好きになる前と好きになってからは全く生活が変わりました。日常の喜怒哀楽の大半を費やして生きてる。夢みたいな光景もたくさん魅せてもらいました。これが夢なら永遠に醒めないでほしい。きっと私には本当の健くんの10分の1も見えてないのに、それさえ愛おしく感じます。おかしい話だろうけど。


昨日は健くんの事が好きで幸せでした。
今日も健くんの事が好きで幸せだったから、明日もきっと健くんの事が好きで幸せなんだろうなと思うし、その先も、そのずっと先も願わくば、そうだといい。




最後になってしまったけど、本日7月2日。37回目の誕生日を迎える健くんに心からの祝福とありったけの愛がたくさん、たくさん届きますように。
お誕生日おめでとう。大好きです。



今更、滝沢歌舞伎。


2016年1月19日。

滝沢歌舞伎2016に三宅健が出演決定!ってメールを見た日の事は昨日の事のように思い出せる。
その日から5ヶ月。稽古+本番の2ヶ月も1ヶ月前に千秋楽を無事に幕を下ろし、安心したような、それでもやっぱり淋しい気持ちでいっぱいだけど、しっかり記憶を形に残しておきたくて今更こんなブログをおっ始めてしまった。本当に今更すぎる。レポというよりはただの自己満足かつ偏った感想のみなので人に見せられるレベルではないのはご勘弁を🙏










▷オープニング
初日のこの時間はとにかくポカーンと口あんぐり状態(笑)人生初THE・ジャニーズの舞台だったんだけど想像を超える煌びやかな世界にとにかく圧倒されてて、初っ端からタッキー飛ぶし、Jr.なんかたくさんいてすごいし、

待って私ここ来てよかった?!
てかここに本当に健くん出るの?!

って戸惑いがハンパなかった。こんな世界があるんだなぁ、これが滝沢歌舞伎かぁ。と感心しつつタッキーの紹介で名前呼ばれるのと同時にセリが上がってきて、モノクロのスーツに身を包んだ健くんが登場。この時、モンペの贔屓目かもしれないけど会場の空気が一気に変わったような気がした。自分自身クリスマス以来111日ぶりの自担に息が詰まりそうになったり。




▷maybe
イントロ流れた時に、まさかまさかと思っていたmaybeが本当に私の知ってるmaybeで。
まず選曲がめちゃくちゃ三宅健!!!!V6の中でも人気があるラブソングで!! !だけどあえてAirを選ばないセンス!!そして剛くん監修曲!!!はい好き!!

得意とする手話とダンスを交えたパフォーマンスは怪我直後は足を使わないで上半身だけの動きだったのが、怪我して1週間後には完璧に戻してきていて、毎回その努力を想うと嬉しいのとたくましいので軽率に泣きそうだった。そしてそんな中でもI just wanna fall in love againは完璧に覚えた。

それでこれみんな言ってるけど、最後の手話で「あなたが好きです」ってやって暗転するのがほんっっっっとに好きすぎて!!!!!ほんっっっっとに三宅健!!!私も好き!!!!



▷4剣士
健くんの青衣装見たかったなぁ。



▷お化け
林くん凄すぎ。怖過ぎ。貞子デカ過ぎ。
一階席に入った時結構目の前まで来たんだけど、空いてる席に座っちゃうお茶目な子とかいて笑った。
怖過ぎて客席から悲鳴ならまでしも、笑い声が結構あったのは仕方ないと思うけど残念だったな。でも本当に苦手な人には辛い演目だったと思う。にしても林くんの1人芝居すごすぎる…。



▷MASK DANCE
林くんの「また一人の男が…」でセリが上がってきて王座にぐったりとしてる赤ナポレオンに身を包んだ健くん登場。
この時点で思わず悲鳴が出る程カッコいいんだよ…何処の国の独裁政権の帝王連れてきたんだってくらい、ゾクゾクさせるオーラ背負ってて、まだ座って出てきただけなのに、難しいって言ってたやつがこれなのが直感で分かったし、これから凄いことが起こるのを感じ取った。

語彙力なさ過ぎて何て表現するのが正しいのか分からないんだけど、前半は身体の中から"何か"が外に出ようとしていて、それを必死に抑えてる…って感じのダンス。と思ってたんだけど健ラヂで解説してくれたね〜なるほど!奪い合っていたのか!納得!(単純)

怪我直後の公演はずっと椅子に座りっぱなしだったんだけど、全く変更点なんて感じさせないクオリティの高さで、怪我してすぐの公演でこれほどのパフォーマンスができるって本当に凄すぎる。っていうか意味が分からない。

怪我して1週間後の公演で初めて椅子の上に立って、羽が背中で開くのを観た時は本気で息が止まった。と、同時にまた健くん自身の空気というか、雰囲気が変わって相変わらず顔は怖いんだけど、明らかに纏うオーラが違うというか…語彙力ないから本当に言葉にするのが難しい。とにかくただ座ってるだけであんだけカッコいいって何者。最後暗転する前のニヤって顔が頭から離れない。

2パターンそれぞれを同じ回数ずつ見れたんだけど、結局のところどっちもおんなじくらい好き過ぎて、映像化が片方なのが勿体無いな〜と思う。こればかりは仕方ないので記憶の中をBlu-ray Diskに焼けるようになる未来を信じて生きていく。



▷腹筋太鼓
考えれば考えるほどに何故回りながら太鼓を叩くのか本当に不思議でこれが滝沢歌舞伎か…と放心状態だったけど、この為に仕上げてきた腹筋は有難く拝見しました…めっちゃ雄。あの甘いマスクにあの身体が付いてるのめっちゃ反則じゃないですか…どちゃくそドタイプな逆三角形…そして白い…本当に36歳男子なの…。
おりゃーー!の声がとても好きです。雄。
どの公演見ても腹筋太鼓に関してのメモが少ないのは何でだろう…オペラグラス覗きながら死んでるのかな…



▷浮世艶姿桜
ずっとずっと何だか無性に悔しかった。4剣士も祭りもそうだけど、1番健くんの姿を探してしまうのがこれで。頑張ってるのも、仕方ないのも分かってて、こんなこと言葉にするのもファン失格なんだろうけど、「何でいないの」と強く思ってしまう演目だった。
5月5日に戻ってきたとレポで観た時は嬉しくてたまらなくて、次入るのが楽しみで、安心したし何より尊敬した。
あー私の好きな人めっちゃ凄い。めっちゃカッコいい。ほんと何度でも惚れ直す。

初めて観れたのは私にとっての千秋楽の日で、最初で最後になってしまったんだけどポケットに手を入れて白いハットにジャケット姿で歩いてくる健くんを見て、思わず泣いたよね。
その日は怪我してから丁度1ヶ月。何があっても私は絶対泣かないって決めてたんだけど、流石に無理だった。
そして2人ver.の方が再度撮影が入ったらしく、声を届けるって本当に大事だなと思うと同時に、それを叶えてくれる制作側に心からの感謝を。
本当にすごい事だというのを理解した上で有難く購入しようと思うから映像化待ってまーす!!



▷楽屋
楽屋に関しては毎日のようにケンタッキーと健くん佐久間くんの絡みのレポが上がってて、入ってない日も最高にハピネスだった〜
以前は後輩には素っ気ない健くんが逆に萌えるから好きだったんだけど、今回のは完全に愛情の裏返しの素っ気なさがとても良かった…。(結局何でも好き)というか10.20代のJr.の後輩と並んでも、そこまで年齢差が見えてこない30代後半怖い…。



▷Seasons
一応健担なので基本的には化粧中の健くんを凝視してるんですけど、この曲めっちゃいい。京本くんの声がとても好きなんだけど、林くん増田くんジェシーとの4人のハーモニーが凄く綺麗でウッカリ聴き入ってしまう。流石にオリジナルじゃないよね〜と思って音源探してます。


▷口上
いや〜〜〜〜笑った。最初は名前も顔もはじめましての面々でどうしようかと思ったけど、何回か入る内にキャラだとか立ち位置が掴めてきて、そこからは本当に面白くて!すごいなジャニーズJr.!と素直に感動。何より後半の公演での京本くんの口上は死ぬほど笑った全部アドリブとか信じらんない笑



▷祭り
4剣士の時もそうだったけど、本来なら居た筈の健くんを探して何だか切なくなって。だけどやっぱり本人の思いとは違う見方をしてしまうことに対してどうしても罪悪感を持ってしまうから別の推しを見つけたもん勝ちだなと思い、見つけた京本くん前田くんには大変お世話になりました!!!!
正直ジャニーズJr.には全く興味なかったんだけどそれでも自然と目を惹かれたよね。めちゃくちゃかっこいい。ダンスも歌も演技も一発芸も。Jr.を誤解してたなぁ、という後悔と考え直すきっかけになってくれた2人には感謝…募金の時には迷わず前田くんの所行ったよね…綺麗な顔だった…



▷男女の舞
まず女形のタッキーに対して完全に女子としての敗北を認めます。30代男性が女装してあれだけ違和感なく綺麗で色気を纏えるって何。美形怖い。
下手から出てくる健さんも男役なのにめちゃくちゃ綺麗で2人の絡む場面は「今世界でこの空間が1番美しい…」とメモに書き残す程のbeautiful worldだった…
スリ足も羽衣も奪い取るのも好きだったけど、個人的には健さんがタッキーに対して覆いかかる為に膝をつけて座る動作が美しくて大好きでした…。ちょ、あの後どうなるのか教えtry



▷蝶の舞
何故タッキーは蝶と戦ってるんだろうという根本的な疑問は置いておいて、なんか凄かった…これが滝沢歌舞伎か(n回目)
2人が向かい合いながら戦騎馬の上に乗ってクルクル回る場面があるんだけど、怪我直後は右足だけ騎馬の足場に乗せてなくて、明かにタッキーの方が高いのが戦いの優劣に見えてしまって気になったんだけど、後日右足を乗せてて怪我の調子が良くなってる事に喜びを感じつつ、(あ、背か)と悟った。
あとは大量の紙吹雪の掃除が大変そうだなぁと思いました。(作文)





▷2部 鼠、夢小判〜笑いあり、涙なし〜


みんなーーーーーー!!
ピーーーーーーーーーーース!!!
永遠の新規、滝沢歌舞伎出の千吉担でぇーす!!!(佐久○くん)


とにかく!とにかく!江戸っ子口調の千吉親分が好きで好きで、好きでした!!私の中の「健くんの好きな声ランキング☆」の堂々の1位だった"笑いすぎて上ずってる声"の地位を揺るがす事態。元々お芝居の時の喋り方は好きなんですけど、にしても千吉親分素敵だった…いい役所っていうのも含めて。千吉親分と結婚して人形町に嫁ぎたい。(強火)

1幕でも感じたことだったけど、あえて溶け込まないっていう選択。二幕も笑いあり涙なしと言いながらも1人だけ絶対笑わない。コミカルなことは何もしない。言い方が合ってるか分からないけどあえて異質物というか、相反するものでいることで自らの存在感を引き立たせて、相乗効果で後輩たち輝きを一層のものにしてるんだろうな。モンペの贔屓目なんだろうけど事務所の先輩がゲスト出演の形としてこれほどに正解もないんじゃないかな。とモンペは思う。好き。



▷with love
いや、健くん出てこないんかーーい!!っていうツッコミは置いといて、この曲が頭から離れなくて楽曲検索してからというもの毎日のように聴いてる。歌詞がすごく素敵で良い歌だなぁと思ってたら作詞作曲滝沢秀明と知って。タッキーの才能凄い計り知れない…。

手話は健くんが参加してるからだと思ってたけどもともとそういうやつだったらしい。うーんだからこそ入れてほしかったなぁと思いながらもカテコで紹介されて上手から歩いてくる姿が大物感あってなかなか良いから許そう。(上から)





▷LOVE
タッキー作曲健くん作詞のLOVEは耳に残ってすぐにでも口ずさめる可愛い歌。「隣の君は笑顔ですか」って所が好きすぎてブログのタイトルにまでしてしまった。健くんがタッキーに対して「お前を笑顔にする為にやってんだよ」って言ったと聞いてからは隣の君=タッキーだと思いながら聴いてる。最高にエモい。
LOVE LOVEでハート作るの超楽しい。

そしてフライングは二階席の上手前列に入った時に結構すぐ近くまで健くんが飛んできて、「け、健くんが飛んできた…?!」と今後絶対にないであろう事態に困惑したけどめちゃくちゃ楽しかった。笑
降りる時のJr.の子達のサポートが本当に健くんを大切に扱ってくれてるのが分かってこっちまで嬉しかったし、そりゃあ大好きになっちゃうよね〜〜って感じでした。だから佐久間くんに限らずJr.のみんなには今後ともラブアタックを続けていってほしい…。

そしてやっぱり三階席、二階席、一階席の隅々まで見渡しながら歌う姿が本当に本当に私の好きな三宅健でした。あー好き。そういうところが本当に好き。





最後に。
ここまで三宅健の魅力を存分にブチ込んででくれたタッキーを始め、ジャニーズJr.のみんな、滝沢歌舞伎カンパニーのスタッフ、何よりも怪我をしても舞台に立ち続けた健くんにありがとうと言いたい。色々あったけどそれも含めて、本当に本当に素敵な春でした。



春の踊りは、よーいやさぁー!!